TAIYODO 株式会社 太陽堂太陽光発電システムのことなら
太陽堂へお任せください

自家消費型 太陽光発電

自家消費型 太陽光発電のご提案

自家消費型とは?

発電した電気を売るのではなく、自社で使用する仕組みのことを自家消費型 太陽光発電といいます。

自家消費型 太陽光発電が注目の理由

電気料金の推移
再エネ賦課金など様々な要因から近年、電気料金は値上がり傾向にあります。

25年を超える事業期間が可能
自家消費型 太陽光発電は全量売電と違い、パネル・パワーコンディショナーが使える限りずっと使用できます。自家消費による電気代削減で得る収益は、収入では無いため、税金がかかりません。

自家消費型 太陽光発電の導入メリット

電気代削減

削減率は電気代が高くなる程アップします。
太陽光発電システムの設置コストも以前より低下しており、早期の投資回収が可能です。

※上記シミュレーションは2019年度の東京電力の料金設定を元に計算しており、
電気料金や再生可能エネルギー発電促進賦課金の変動により金額は変動します。
※年間電気削減額はシミュレーションであり、削減額を保証するものではありません。
※新電力を使った場合のシミュレーションになります。

災害・大規模な 停電時のリスク軽減

災害時の非常電源として活用できます。これは全量売電の場合使用することができません。
蓄電池も設置すれば雨の日や夜も電気を使えます。
また、災害拠点とし、電源を開放することで地域に貢献できます。

CO2を削減することで環境経営を推進できます

環境投資対応(ESG、SDGs他)への取り組みが適切に行われているかを重視する
“ESG投資”が広がっており、環境に配慮した経営が必須となってきます。

税制優遇

対象条件、有効期日や有効地域など、変更になる場合がございます。詳細はお問い合わせください。

中小企業経営強化税制

概要
対象条件を満たした中小事業者等が一定の設備を導入した際に即時償却または取得価額の10%の税額控除を受けることができる制度です。
指定期間
平成29年度〜令和3年度までの期間

先端設備等導入計画

概要
対象条件を満たした中小事業者等が、新規取得設備に係る固定資産税の課税標準が3年間にわたって市町村が定めた割合に軽減されます。
指定期間
令和4年度までの期間

補助金

対象条件、有効期日や有効地域など、変更になる場合がございます。詳細はお問い合わせください。

再エネ発電等設備、再エネ熱利用設備に対する補助金

概要
対象条件を満たした東京都内の中小企業等は助成対象経費の3分の2以内 (国等の助成金と併給する場合でも、合計3分の2以内)上限額1億円、助成されます。
指定期間
令和2年度~令和5年度までの期間

東京都内に事業所がある他県のオーナーも申請OK!

ストレージパリティの達成に向けた
太陽光発電設備等の価格低減促進事業

概要
再エネ・蓄電池の導入及び価格低減促進と調整力の確保等により、再エネ主力化とレジリエンス強化を同時に向上させることを目的としたものです。
補助率は下記の通りです。
・太陽光発電システム:4~6万円/kW
・蓄電池システム:2万円/kWh又は6万円/kWh
・工事費:一部
指定期間
令和3年度~令和6年度

PPA事業者でも、国内回帰なしの自家消費型でも申請OK!

地域レジリエンス・脱炭素化を同時実現する避難施設等への
自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業

概要
象条件を満たした公共施設(民間施設は対象外)が感染症対策を推進しつつ災害・停電時にも避難施設等へのエネルギー供給が可能な再エネ設備を支援することを目的としたものです。
補助率は取得価格の3分の1、2分の1または、3分の2

民間ではなく地方公共団体ならば申請OK!(旧・1号事業)

営農型等再生可能エネルギー発電自家利用モデル構築事業

概要
農業を営む個人・法人が農業を営む場合に申請可能。
補助率は取得価格の2分の1

太陽光パネルの下で、農作物を育てるならば申請OK!

無料で試算いたします!
まずはメールでお問い合わせください!